鏡を見るたびにたるみが気になりだしたら

子育てもひと段落して生活も順調、仕事も順調と思っていたらメイクをするのに鏡の前に立った時「あれ、なんとなく顔が変な感じが。」と思ったことはないでしょうか。その違和感がどんどん大きくなって確信に変わり、顎の線が四角くなっていることに気づいたとき、加齢のせいだからとため息を吐きながら諦めますか?指でつまんでみた時の張りのなさに若い頃の少し硬いくらいのお肌の張りを取り戻したくなった時、あなたなら一体どうするでしょう。

http://kajikaen.com/

リフトアップに効くマッサージクリームで頬を頬骨に沿うように耳殻のほうまで手のひらでマッサージしたり、簡単なあごの線から耳殻までローラーで刺激を与えて引き締めようとするのが普通でしょう。しかし、やり過ぎると却って皮膚に刺激を与えすぎて摩擦のために痛めてしまう原因になりがちです。

洗顔する時も実はお肌は摩擦に弱く、洗顔石鹸もモチモチの泡で摩擦が起きないようにデリケートに包み込むように洗顔しなければ逆に余計な皺を作る原因になったり、皮膚トラブルを起こしがちです。洗顔一つでたるみのすべてをどうにかできるわけではありませんが、洗顔した後に冷水でパッティングするだけでも引き締めの効果があるものです。