潤いは美肌への最速ルート

吹き出物、しみ、乾燥小ジワ等、お肌の悩みは尽きません。ビハキュアは販売店で市販されている?

人それぞれ肌質や体質、化粧品の合う合わないで対策は変わってきますが、わたしは乾燥対策=保湿をしっかり行うことで美肌を保っています。

化粧水、美容液は美顔器でしっかり肌の奥まで浸透させ、目元とほうれい線にはそれぞれクリームを塗り、最後に乳液で蓋をします。

お肌に潤いがあると化粧ノリも良く、乾燥による皮脂の過剰分泌から発生する吹き出物も少なくなります。

しかしこの冬、しっかり保湿をしているはずなのに肌荒れする日が目立ちました。なぜ?と思いましたが、原因は職場の異常な乾燥。業務用のエアコンを使っているため、湿度は低いだろうと思っていましたが、数値でしっかり見たいと思い湿度計を設置したところ、なんと「湿度19%」の文字が…これではいくら内側から保湿しても、肌が悲鳴をあげるのは当たり前でした。すぐに管理者に訴え、業務用の強力な加湿器を導入しでもらいました。(お肌が?、というとあまり良い顔をされない気がしたので、喉が乾燥して風邪をひきそう、と言いました)

現在職場の湿度は平均して40%前後を保っています。それでも少し低いかな、と思うので、日中は数時間おきにミストタイプの化粧水を振り、個人デスクの横に濡れタオルを干す等工夫をしています。以前よりは保湿状態が保たれているのか、夕方の乾燥小ジワが目立たなくなりました。

最近は、肌の綺麗なタレントさんたちの「水を毎日○リットル飲んでいます」というお話を受け、水分補給も意識するようになりました。仕事をしているとついつい忘れがちですが、しっかり水分を取り、内側からも外側からも潤いを保つよう努力しています。