脱毛器で脇汗倍増!?

大学1年生の時に脱毛サロンへ通っていました。ワキを中心に他のパーツも数回できるコースでした。しかし、結局数回では毛が少し薄くなるだけで、また私は毎年身体を焼いてしまうので夏は思ったように脱毛サロンへ通うことができず、自宅でできる脱毛器を購入して自分でやっていました。26歳になった今でも続けています。

プルーストクリームの効果と口コミ評価!販売店での市販状況もレポート!

自分で脱毛をするようになってから、光を自分のペースで多く当てれるのでワキの毛はさほど生えてこなくなりましたが…脇汗が止まりません!9割近くの友人も脱毛をしているため友人にこの件について話しましたが、全員が全員脇汗が増えたといいます!!

もしかしたら自分の脇汗はそんなに臭ってはいないのかもしれませんが、やはり汗だくなのでにおいと汗染みが気になります。そのため、脱毛をしてからはちゃんとデオドラントをつけるようになりました。

私は海外に住んでいた経験があるのですが、向こうの方は結構デオドラントを使用するんですよ。男性は特に!シャワーから浴びたらデオドラント。汗をかいたらデオドラント。家から持ってくるのを忘れたらコンビニでデオドラントを買います。そのくらい臭い対策をしています。日本では汗拭きシートであったり、制汗スプレーをしたりしますが、外国の方はデオドラントと香水のみ。デオドラントもすごい数の香があります。

日本に帰ってきて、そんなに多くの製品は無いので残念ですが、ちゃんと毎日冬場もつけてワキの臭いには気を遣うようにしています。

脇汗のケアには手ずくりのスプレーを作ってみよう!

夏にかけて気になる脇の汗、全身にかく汗のなかでも脇の汗は臭いが強く、女性であれば絶対にケアしたい部分です。そんな脇の汗には市販品の制汗剤を使用している!という方が多いもの。ですが、ここ数十年の傾向としてよりナチュラルな素材の制汗剤を求める声が増加してきました。そこで、自分で材料を選んで作るというハンドメイドの制汗剤を使うという方法もあることを、ご紹介したいと思います。

薬用スクラボの口コミと効果を暴露!最安値で購入できる通販サイトは?

ハンドメイドの制汗剤を作る方法

ハンドメイド、いわゆる手ずくりのこと。自分で材料を選び購入してから自宅などで、自分の手で作る方法です。ハンドメイドのメリットは、材料を自分で選別できるという点にあります。つまり、安心、安全が保証されている制汗剤を作るということ。レシピや材料は通販でも店舗でも手に入る時代、自分だけの制汗剤を使用してみたいという方はぜひおすすめです。

レシピや材料のありかは?

ハンドメイドで制汗剤を作りたい、そんな時にアロマ関連のお店を覗いてみましょう。精油(エッセンシャルオイル)やハーブを取り扱うショップにレシピ本とや材料も販売されています。また、店員さんに手ずくりの制汗剤スプレーを作りたい旨を相談してみると良いでしょう。

いずれにしても、安心、安全な制汗剤であれば長時間肌に使用しても納得できるはず!手ずくりの時間を作り、ぜひ取り組んでみてください!

服の臭いは通常の洗濯だけでは取れません

どうしても気になるのが衣類に残る匂いです。特に汗をかく季節などは、毎日きちんと洗濯をしているにも関わらず何だか服に匂いが残っているということがあります。

臭いを取るために洗剤や柔軟剤を変えても、やっぱりとれない何てこともあります。プルーストクリーム

乾いて取り込んだ時にやっぱり何か匂いが残っているなんてことは悲しくなります。

これは雑菌臭が原因。では、この臭いを消すためにはどの様にしたらよいのか。

まずは、手軽に毎回の洗濯で臭いを取るためには、酸素系漂白剤がおすすめです。

頑固な汗のニオイなどの場合は洗濯槽に水を貯め、酸素系漂白剤をしっかりと溶かした後に洗濯物を入れて漬け込みをしておきます。その後に普通に洗濯をするだけでしっかりとニオイが落ちます。

また、クエン酸を洗濯にも使うことで臭いが落ちることもあります。

汗のニオイを取るにはクエン酸が大活躍できます。

クエン酸はアルカリ性の匂いを取るだけでなく、衣類をふんわりとしてくれる効果もあるので柔軟剤の代わりに使うこともできますが、汗の匂いも取ってくれるので便利です。

つけ置き洗いにこのクエン酸を使うようにすると、非常に効果的となります。

ただ、クエン酸洗濯の場合、ニオイはしっかりと取れますが汚れは落ちていないこともあるので、クエン酸洗濯をした後に洗濯洗剤で洗う必要もあります。