皮膚炎の原因について

お肌の悩みの一つに「皮膚炎」がありますが、これは刺激の強い物質やアレルゲンなどの外的要因と、その人の体調や皮膚の状態などの内的要因が絡み合って起こる物です。

外的要因としては、化粧品・化学物質・花粉・ウイルス・アレルギー物質などが挙げられます。

内的要因としては、皮脂の分泌状態や発汗状態・アレルギーなどが挙げられます。

上記のように、外的要因による刺激で発症したことが明確な皮膚炎の代表例としては、「接触性皮膚炎」が挙げられます。

これは、いわゆるかぶれです。

接触性皮膚炎には、アレルギー物質が原因の「アレルギー性皮膚炎」と、強酸など科学性物質による刺激で起こる「刺激性皮膚炎」、紫外線を浴びることで起こる「光接触性皮膚炎」などがあります。

接触性皮膚炎は、原因や刺激となる物質が明確であり、その物質を取り除くなどの対処を行うことで防ぐことが可能です。

ですが、中には「アトピー性皮膚炎」「脂漏性皮膚炎」「貨幣状湿疹」「ビダール苔癬」「自家感作性皮膚炎」など、刺激となる物質やアレルゲンなどが明確になっていない物も存在します。

こういった皮膚炎の場合は、症状を抑制する医薬品を使い、適切なスキンケアを行うことが大事になってきます。