カサカサ肌の悩み

物心ついた時から軽度のアトピーだった私の悩みは、なんと言っても乾燥。http://bijin-estate.com/

小学校の頃、清掃の時間の水拭きでは終わる頃には手はボロボロ。初めての居酒屋のアルバイトでは次々と運ばれてくる食器を洗い続けて手が真っ赤に腫れてしまったこともありました。

今でも覚えているのが、小さい頃気になっていた男の子に「おばあちゃんの手みたい!」と言われたときのこと。恥ずかしさと悲しさでいっぱいで、グッと涙を堪えへらへらと笑ってやり過ごしました。

子供の頃は特に手や足の悩みが大きかったのですが、大人になってから悩んだのはやっぱり顔の乾燥。

お化粧は好きだけれど、少しでも成分の強いものや肌に合わないものを使うとすぐに痒くなり、赤くなったりニキビができてしまう。そうして荒れてしまったお肌をカバー力の強い化粧品で隠すこともできないので、そんなときは顔をマスクで覆って出歩くことも少なくありません。

そしてもう一つ辛いのは、布団や洋服でかぶれてしまうこと。布に触れただけで肌から水分が奪われるようなあの感覚はいつまで経っても慣れません…。

もっと私の肌が強かったら、塗り薬を使い続けることもなく、アルバイトの幅だって広がるし、夜中に痒みで目が覚めることもない。花粉の時期や乾燥する冬の時期、肌荒れが悪化するとドーンと落ち込んでしまうけれど、ゆったりと構えて付き合っていこうと思います。