10年以上かけ続けていたコールドパーマを辞めました

私の髪質は若干うねりのあるストレートロングで細くコシが無く、抜け毛が非常に多いためはえかけの産毛が多く、いつもボサボサになってまとまらないのが悩みでした。

エメリルオイルは販売店での市販なし!私の口コミや効果など完全解説!

それでいて日々のお手入れは面倒。そこで、ボサボサ感をごまかすために30代前半くらいから40歳過ぎまでの10年間以上に渡り、頭のてっぺんから緩めのコールドパーマを年に5?6回はかけ続けていたのです。なので、毛先にいたっては何十回パーマがかかったか分からない状態で、ロングの毛先はだんだん変色して茶色くなりパサパサでした。

それでも毛先を毎回2㎝くらい切る程度で何とか保ててはいました。しかしある頃から、髪をとかすと髪の毛先5㎜くらいが切れてハラハラと落ちる様になってきたのです。それは日に日にひどくなり、毛先の髪の毛はバサバサで広がったままとても見苦しい状態でした。美容師さんに相談すると、もはや切る以外どうしようもないという答え…。

そこで思い切って20㎝くらい切って、もう今後はパーマはかけないことにしてセミロングにしたのですが、それでもやっぱり毛先が急速に痛み出すという有り様。本当に芯から髪を痛めていたのだと実感しました。パーマをかけなくなり、さらに短くボブスタイルにして2年以上が経ちましたが、大分髪にツヤが戻り、むしろ手入れも楽になり、お金もかからず良いことづくめです。コールドパーマはオシャレにウェーブを楽しむ程度に、かける頻度は低く、年数も短くかけるのが髪の負担を最小限に抑えられて良いと思います。